愛知県・JR勝川駅で三輪電動トライクのシェアサービスが開始

「愛知県・JR勝川駅で三輪電動トライクのシェアサービスが開始」のアイキャッチ画像

2021年6月7日から8月31日までの期間限定の実証実験となりますが、Future、ドコモ・バイクシェア、かすがいGOGOの3社は、電動バイクによるシェアサービスを愛知県春日井市のJR勝川駅を拠点に開始します。

コロナ禍の移動改善、脱炭素社会実現に向けた取り組みとのこと。駅を中心とした実証実験ということは、公共交通機関とシェアサービスを併用することで日々の買い物などにガソリン車を使わなくてすむのだろうか、といった狙いがあるのでしょう。

ここで用いられる車両は前2輪・後ろ1輪のGOGO! カーゴ(Future製)をベースに、ドコモ・バイクシェアが開発したシェアリングプラットフォーム用アタッチメントを装着した三輪トライクです。パイプフレームのボディにシート、後ろカゴなどを備えています。駆動輪は後輪で、マルチリーンステアサスペンションにより高い操縦安定性を実現しています。

スーパーやショッピングモールに買い物に行くと考えると、電動アシスト自転車と同等の積載能力を持つ同車のメリットは大きいでしょう。電動キックボードにカゴをつけるのは難しいですから。

Image: PR TIMES

地域ECモール構築事業「かすがいGOGO!」に登録した地域住民の方々のみ対象となるシェアサービスで、料金は無料。いいなあ!

なおGOGO! カーゴ(27万2800円)や、カゴなしのGOGO! S(26万1800円)は一般販売もされています。

公道で走れる電動キックボードの基本
3Dプリントカーボンフレームでスタイリッシュな電動キックボード「Scotsman」