横浜・みなとみらいでシェアリング電動キックボードがスタート

「横浜・みなとみらいでシェアリング電動キックボードがスタート」のアイキャッチ画像

歴史ある名所、プレイスポット、観光地を電動キックボードで気軽に巡れるようになりました。

2021年10月21日より、神奈川県横浜市みなとみらい21地区においてLuupのシェアリング電動キックボードサービスがスタートしました。Luupはいままで東京都心部および大阪でのシェアリング サービスを提供していましたが、神奈川県横浜市西区、神奈川区、中区で国土交通省の新事業特例制度の認定を受けたことで、横浜エリアでもLuupに乗れるようになりました。

Image: Luup

カバーエリアを見ると、横浜東口駅前エリアからアンパンマンこどもミュージアムや臨港パーク、 日本丸メモリアルパーク、 のある中央地区、よこはまコスモワールドや赤レンガパークのある新港地区で走ることができます。

気になるのは、遊歩道の汽車道もカバーしているとLuupが発表していること。電動キックボードは押して歩くなら歩道通行可能ですが、あたかも乗って通行できるように地図に記してしまうのは疑問が残ります。各地で電動キックボードの歩道通行が問題視されており、警視庁も取り締まりの強化を各都道府県警察に通達している現在、ユーザーを勘違いさせるような行為は避けるべきだと考えます。

Luup
公道で走れる電動キックボードの基本
3Dプリントカーボンフレームでスタイリッシュな電動キックボード「Scotsman」